プチ違和感?

 ここ1年くらい、何かが自分の中でプチ違和感、として日々鬱積していることがあったりして、でもそれが具体的に何なのかはよく自分自身分かっていなかったり。ってこともあり。    今日、そのプチ違和感のひとつがちょっと解けた。自分のお気に入りのライフスタイルから外れたスタイルを導入している部分が、最低2つはあるんじゃないか、ってこと。    例えば、1年間同居している実家。私の苦手な近代的な2階建てグルニエ付きの一戸建て。なんかとってもキレイなのよ。いや、普通はそれがいいことで、居心地いい空間になるはずなんだ。一般的には。でも私にとってはなんかちょっと違う。  まぁ、実家に半ば居候している、っていう距離感というか、そんなのもあるし。でも、以前の実家は築35年位の、それも工務店とかハウスメーカーではなくて、大工さんが建てた。っていう家だったから、そこは、なんとなく自分が3歳から大学卒業してさらにしばらく生活した家だったから、居心地は良かったけど。今の実家は、ちょっとね。キレイすぎ。    それから、車。一昨年、おんぼろ車好きの私が、仕事用に、と割り切って、しかも、新車で購入してしまった、しかもしかも、苦手な国産車ミニバン。これも違和感のひとつなんだ、多分。  確かに、イベントとか荷物積んだり、長距離走ったり、便利。でも、なんていうか、マイスタイルではないわけだ。  新車なのに、使い方はあくまでもマイスタイルだから、せっかくの新車なのに、、汚い。かわいそう。(車が)。最初は、子供もいるから、安全性の高い新車って考えたことも買い換えた理由なんだけど、結局、子供って汚れることとか全然気にしないから、ダメなんだよね。しかも、私もすぐにゴミとか後部座席に投げ捨てちゃうような性格だし。合っていないわけだ。    そう、私は、なぜか、古いもの。がスキ。特に、生活に密着している住空間とか車とかは特に。  その2つが、この1年間、新しいモノである、ということの違和感が、気づかぬうちに何か自分の中で、ライフスタイルのズレとして生じてきているんじゃないかって気がする。自分自身、「地に足が付いていないんじゃないか」って思い始めたの。それはなんで?って自問自答したときにやっぱり、住空間と車が、今回、ちょっと考えてしまったプチ違和感の根源のような気がしたなぁ。    車、売ろうかなぁ。。  で、中古車検索始まってしまった。やばいなぁ。結構末期症状かもしれないぞー(笑)。  いやぁ、私が本当に心のそこから愛してあげられえそうなオンボロ車のなんと、安いこと(笑)。稀少なマニュアル車になると、もう、かなり安い。あぁ嬉しいねぇ。買うとき、安いけど、買った後に、修理、修理でお金が出てゆくんだけどねぇ。それもすでに承知済。それでも、きっと愛しちゃうだろうなぁ。気を使うことなく、乗れるもんねー    きっと、今乗っている、まだ走行距離5センキロの新車を売って、オンボロ中古車を買って、実家を出て、以前住んでいたような、ボロボロのおんぼろ平屋に引越ししたら、きっと今感じている違和感はなくなるんだろうなぁ。  そんな気がするわぁ〜。  それが、きっと私のライフスタイル原点なんだろうなぁ。。。要するに、こういうプチ違和感を、見過ごして惰性的に日々すごしていると、やっぱり感性とか集中力とか鈍ってくるような気もする。    こんなこと考えるきっかけを与えてくれたのは、Love MAUIのお客様でもあり、同じ市内にも住んでいる、同年代の女性に、マインドがオープンになれる環境作りを模索中〜ってメールもらったんですね。で、今の私を改めて考え直しちゃったの。で、それが、プチ違和感への気付きだったんだけど。    引越しとか買い替えとかいろいろ労力がいるし、日々の生活に追われてついつい後回しにしちゃったり、まだいっか、なんつって妥協しちゃったり、ガマンして見過ごしちゃったりすることも多いけど、やっぱり、自分の心に素直に生きる、Down to Earth、地に足を付けて生きてゆくってところから、全てが始まるような気がするから、見過ごして通り過ぎては、自分自身がかわいそう。    そんなことを考えつつ、4月の始まり。これからの1年間の自分のライフスタイル、ちょっぴり真剣に見直してみようかな、と、思います。

Love and Aloha

ハワイを始め、色々な情報はFACEBOOKで日英バイリンガルで更新中。こちらのブログは、何となく思うことをランダム不定期に綴っています。Go to Facebook page for my updates in English, Mahalo:)

0コメント

  • 1000 / 1000