やっとこれで。

 やっと引越しの契約をしました。来週1週間かけてお引越しです。(お店は、ラブマウイスタッフちょくちゃんが店頭におります)。    昨日、引越しのことについて改めていろいろ親と話をしていて、私が親と別居になるついでに、兄家族とこの際、2世帯住居かなんかに引越しして、兄家族とじいちゃんばあちゃんとで暮らすか、みたいなオファーが兄夫婦からあったらしいんだけど、両親はなぜか断ったらしいことが判明。  じいちゃん、ばあちゃんのどっちかがあの世へ逝ってしまったら、世話してもらおうと思うけど、それでも兄夫婦のところはいやだなぁ、、と言う。  世話になるなら、リョウコのところだろ、と。  嬉しかったです。    それがまさに私の目標とするところの親孝行計画だから。  結局今のまま、親と同居のままだと、私が親の世話をするというよりはいつまでも、親に世話になってばっかり、、でやっぱり、それって、30代後半の大人としてどうかな、というのがここ1年常に脳裏にあったからねー、    ムリをしてでも、私は私で、息子と犬連れで独立して、その中でどっちにしたって、これからだって、息子の世話をお願いすることにはなるんだけど、それでも、お互いに独立している、っていうことは結構大事なことのように思うし、距離が少しでもある分、もっと近い関係になれることもたくさんあるし。    別に両親は、兄夫婦がきらいなわけでもなんでもなくって、要するに、私のほうが気を使わないんだろうねぇ。  60代半ば&後半の父母なりに、私の決断とかイロイロなことにいまさら口出しはしないけど(ってか、口出ししても無駄だってことをすでに学習済)、食事のこととか心配してくれたり、兄のほうが経済性はあるのに、将来はリョウコに世話をしてもらいたい、って思っていたり、親のありがたみっていくつになっても本当に、与えられてばっかりで、頭があがらないッス(笑)。  私が何気に「毎月の食費なんて、われら親子2人分だったら、せいぜい3万円くらいでしょー」って気軽にいったら、ばあちゃんは、「えっ?!!それって1日1000円ってことよ!おいおい、そんな食生活でロニー(息子ね)は生きてゆけるかなぁ、、、おぉ、心配だなぁ。。」って。えー、だってそんなもんでしょ?違うかしら・・・(笑)←すっげぇテキトー。    ま、とにかく、これからは、私がロニーに同じように愛情注ぎ、そして親にも恩返しをしてゆかないといけませんねぇ。引越しを契機に改めて、親の存在の大切さとか家族の大切さを実感しました。    それにしても引越し、キライじゃないけど、大変っす。前回、親と同居のときに家財道具ほとんど全てを処分、贈与したため、生活用品なんにもありません。1週間もかけて引越しするなんて、やっぱ、なにかがヘンだよ(笑)。

Love and Aloha

ハワイを始め、色々な情報はFACEBOOKで日英バイリンガルで更新中。こちらのブログは、何となく思うことをランダム不定期に綴っています。Go to Facebook page for my updates in English, Mahalo:)

0コメント

  • 1000 / 1000