Mosquitoes 、Roaches

 世の中、日々革新、進歩が著しいけれど、もしもこんな願いをかなえてくれる技術とかツールとか革新がすでに存在しているのであれば、ぜひ教えて欲しいものです。で、ないのであれば、どなたか研究して開発して欲しいです。    昆虫系は嫌いではありませんが、Mosquitoes(蚊)と、Roaches(ごきぶり)はダメです。いけません。    すべての生あるモノは、何かしらの「存在意義」を持ってこの世に生を受けている、というのが私の持論なんだけど、この2種類の生き物たちに関して言うならば、その存在意義は、私にとってはホント迷惑〜    店の3件隣のVacantのロックな姉さんと「蚊にさされてもうイヤだっ!」という話をしたら、彼女の口から驚くべき証言。  「私は生まれてから4回くらいしか蚊にさされたことがない」    あ・り・え・な・い〜〜〜〜〜    私なんて、今日たった5分程度、庭に干してある洗濯物を取り込んでいる間にすでに、5箇所、蚊に食われておった。痒い〜〜〜痒すぎるっ。    昨晩は、引越し間もない(といっても古屋なのだが)のに、荷物運び入れる前に散々バルサンしたにもかかわらず、Roach君出没。あらかじめ購入しておいたコックローチでたまたま遊びに来ていた友達にしとめてもらいましたが、友達がいなかったら、マジやばかった。仕留めた後の処理が私はできましぇーん。ティッシュとかでつかんで捨てられないです、決して。できません、それだけは・・・    さて、そんなわけで、蚊とゴキブリに然るべき存在意義があって、必要であるならば・・・。せめて、蚊に食われた人間が、「痒み」を訴えないような「何か」を発明して欲しいっす。食われてから、痒くなったあの瞬間のもどかしいこと!!  痒み止めとか虫除けスプレーとかたくさん市販されているけれど、どうもどれもイマイチ。完成度に欠ける感じ。しかもしょっちゅうしょっちゅう、痒み止めなんて持っているわけないし、虫よけスプレーだって然り。  ならば、刺されたときに痒みが生じなくなるようななんか「蚊」の品種改良、、とか行うとか、とか、、。    ハワイで数年前に結構「蚊」が大量発生して問題になったことがあったけど、そのとき確かに私も結構、いつものごとく蚊に刺されまくっていたけど、ハワイの蚊たちは、どうやら、あんまり痒くならなかったなぁ。。  刺された直後のあの、どうしようもすることができない「痒み」はなかったなぁ。。なんでだろうね。    日本の蚊は特別、痒いのかしら。    たとえば、犬みたく、蚊のシーズンになったら、1ヶ月に1回とか、薬を服用して、それを飲んでいれば、蚊に刺されても痒くならない体質になる、、とか。そういうのないかなぁ。    あとゴキブリ君は、せめて、体の色をあの黒光り、茶色光系から、ショッキングピンク、、とか、、、、赤、、とか、、、気持ち悪さは仕方がないから、ビジュアル的にもう少しポップな感じにならないかなぁ・・・    それにしても、ホント、、、蚊とゴキブリ、、これから彼らにとっては最大限の活動シーズン到来。うーんん。。。    蚊に刺されて、ひたすらひっかくから、足とか手とかそこら中にカサブタできて、子供みたいになっている最近の私です・・・。  

Love and Aloha

ハワイを始め、色々な情報はFACEBOOKで日英バイリンガルで更新中。こちらのブログは、何となく思うことをランダム不定期に綴っています。Go to Facebook page for my updates in English, Mahalo:)

0コメント

  • 1000 / 1000