政治

 実は生まれてこの方、選挙に一度も行ったことのない私なので、なんとも無責任な国民であろうとお察しするのですが・・  今日の郵政法案採決をテレビで見ていて、少なからず残念だなぁ、と思ったものです。
 具体的な郵政法案がどう国民に対して影響を及ぼすのかなんてことは分からないけど、少なくとも、私は小泉総理には好感を抱いているから。おそらく、故小渕首相の次くらいに応援していると思う。

 ちょうど私が北区民だったころ、小渕総理は現役で総理大臣をしていて、それこそ自転車で5分くらいの距離にあった小渕総理の自宅を通りながら、ブッチーがんばってねぇ〜と心の中で応援していたものです。
 小泉総理は小渕さんとはまったく異なるタイプの人だけど、なんだろう、人として見たときに、政治家特有の胡散臭さとか腹黒いオーラはあんまり感じないなぁ、というのが私の感想。だから、そんな小泉さんが推進している法案であれば、きっと国民のためになるんじゃなかろうか、、という結論に行くんだけど。

 結局そういうことなんじゃないかな。ねぇ、政治家の皆さん。どんなうんちく講釈たれても、やっぱりその「人」を見るんですよ。自らの地位とかエゴとかで政治家やられてちゃぁ、どんなに立派な法案でもYesとは言えないよね〜  投票を棄権した大仁田厚さんが、「大事なのは法案でしょう、政局じゃないんですよ。」って言っていたのが印象的。政治家みんながそのようなモティベーションの元で一生懸命働いてくれたら、日本国ももっともっといい国になっていきそうな気がするし、一筋の光みたいなものが見えてきそうな気がするけど。  そう一筋縄ではいかないのが政治なんでしょうね。政治を変える!とがんばろうとしていた大橋巨泉さんも、大仁田厚さんにしたって、やっぱり政局中心の現在の政治界においては自分ひとりの力じゃ限界があることを感じているのであろうな、とお察しします。それでもがんばって欲しい、と思うけど。
 故小渕総理もあの温厚な人柄が国際的には物足りない、と批評もあったけど、あれだけ温厚だったから人望も厚かったはずだし、少なくとも一人の人間として見たときには、本当に素敵なおじ様だったと思うもの。  難しいねぇ。がんばれニッポン!

Love and Aloha

ハワイを始め、色々な情報はFACEBOOKで日英バイリンガルで更新中。こちらのブログは、何となく思うことをランダム不定期に綴っています。Go to Facebook page for my updates in English, Mahalo:)

0コメント

  • 1000 / 1000