行動生理学

 日曜日に夏祭りの縁日で息子がすくった金魚11匹。
 すでに本日現在3匹か他界しており、残り8匹。

 月曜日には、ろ過装置や水草など「金魚にいいものください」とペットショップで一通り購入。
 なんだか扶養家族(動物)多いなぁ、一気に・・・・とか思いつつ(笑)。  だけど気づくと、キッチンでイスに腰掛け20分とかボッ〜と金魚の動く様子を見つめる自分が・・・・これってヤバい?(笑)。  っていうかね、面白い。金魚の行動。
 8匹の金魚のうち、5匹はすこぶる元気で瞬間移動しているような泳ぎを見せ、エサを入れれば一気に浮上してバクつく、、という活発な動きを見せている傍ら、残りの3匹は、もういつ他界してもおかしくない、って感じで横たわってしまっていたり、静かに底面で休んでいる様子・・・
 この差はなに??と不思議に思い、イロイロネットで調べてみたり・・  縁日の金魚たちは元々弱っている、またはすごいストレスを抱えている、、という過酷な状況下におかれているので、新しい住居に慣れるのに順応する時間がかかる子もいれば、すぐに順応してしまう子もいる、、残念ながら前者のほうはやはり耐え切れずに天に召してしまう場合が多い、、と書かれていました。
 さらには、別な観点として、魚界にもイジメみたいなことが存在しており、活発な動きをしていない子たちは残念ながら、活発金魚たちの仲間に入りきれないと思われます、、みたいなことも書かれており・・・  たかが金魚じゃん!なんて言っている場合ではありませんよ、これは。
 
 哺乳類&昆虫しか飼育したことない私が、今回ばかりは、彼らの行動にかなり興味深深ですよ(^_^.)。  今、私が高校3年生だったら、絶対迷わず、大学で動物行動性学を専門に学べるところを受験していただろうなぁ、、と思うよ。
 この金魚たちの行動が何を意味して、どんなことを象徴しているのか、すっごく知りたいもんねぇ。
 
 ろ過器の泡ぶくぶくの周りに集まって、「順番に」泡の中央を通り抜ける、、というすごい社会性のある行動も見せてくれる金魚たち。うーん。この扶養家族たちから当分、目が離せません。

 P.S. 明日から亀戸サンストリートで1週間ワゴンショップ出店です。店頭のものすべては出店しませんが、ワゴンに搭載できる限りイロイロあります。ハワイ観光局発行のパンフレットなども配布する予定です。1週間、私が亀戸担当です。吉祥寺ショップはLove MAUIスタッフちょくちゃんです。

Love and Aloha

ハワイを始め、色々な情報はFACEBOOKで日英バイリンガルで更新中。こちらのブログは、何となく思うことをランダム不定期に綴っています。Go to Facebook page for my updates in English, Mahalo:)

0コメント

  • 1000 / 1000