何故か急に「石」が

アクシオトーナルセッションを施してくれる予定になっているヒーラーさんのブログを読んでいたら、彼女がお気に入りのストーンのことが書かれていて、パワーストーンのお店のリンクも張ってあった。
 ブログついでに、リンク先に飛んでどんな石なの?一体、パワーストーンってどうなのよ?ホントのところ・・・みたいな、興味半分な気持ちで覗いてみた。

 そしたら、不思議なことに、そのヒーラーさんが紹介していたパワーストーンには何も感じなかったんだけど、そのショップで販売していた別の石がどうも気になる。
 石の説明を読んだら、どうしてもなんだか@今の私にこれすっごい必要@、と思う自分がいる。
 しかし、そのきにいったブレスレットは18000円くらいする。
 悩む金額である。私にとっては。
 
 だけれども、ハガユイことに、そのブレスレットは、「在庫あと1個」と表示されておる==。  うーん。うーん、うーん、、「なんだか分からんがあの石。気になる。どうしよう!どうする?自分?」と・・・・悩む。
 そのときはとりあえず購入に至らず、一旦、パソコンから離れる。

 そして夜中。やっぱり気になる。
 ショップのホームページ見てみると、まだ売れていない。(在庫あと1個)表示のまま。  えぇい!欲しい!買ってしまえぇ!欲しいんだ。きっと必要なんだっ、そうに違いあるまい!

 ってことでご注文完了。
 注文したのは、 アゼツライト、 という石のブレスレット。

 アゼツライトとは、、 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
アゼツライトはクォーツの一種で、宇宙にあるグレートセントラルサン(大いなる太
陽)のエネルギーを記憶するよう異次元の存在によってプログラミングされていま
す。この石は繊細で高いバイブレーション持っており、
米国南東部の特定の場所でしか発見されていません。アゼツライトは異なる現実につ
いて教えてくれます。人間である私たちが暮らす現実は、とても狭い幅の中にありま
す。
私たちはまるで目隠しをしながら生きているようなもので、自分たちを取り巻くすべ
てのレベルの現実がいかに美しいかを発見することはないのです。アゼツライトは、
私たちをとりまいている異なる次元とつながることを助け、私たちに可能な真の知覚
の幅に対して目を開くことを促します。 植物界、鉱物界、動物界の異なる現実に対してオープンになることは、私たちが地球
に責任を持ち、自分自身と私たちに与えられた地上の楽園を癒すための最初の一歩に
なります。
光の存在や、微細なエネルギーを持つ存在たちがいる、異なる現実に対してオープン
になりましょう。これは、これから地球で肉体を持って生きていくために私たちが創
る必要がある、もうひとつのつながりです。 アゼツライトは、人生における重さを手放し、あなたを通して働くことを待っている
高次のエネルギーを受け入れるように求めています。これは神官のカードです。つま
り、あなたが光の奉仕の役割を果たす時期が来たことを告げているのです。それは特
に、新しい生き方、与え方、そして生き残る方法を人類にもたらすという意味におい
て、大切な役割です。 アゼツライトは、あなたを取り巻くさまざまなレベルの現実を知覚することを助けよ
うとしています。あなたはこの探求を通じて、自分の使命の具現化に必要な洞察と理
解を得ることができます。地球に住む、人類とは異なる生命体の世界に、霊的な次元
に住む光の存在の世界に、そして自分自身に対してオープンになってください。この
アライはあなたが真の自分に目覚めることを促し、あなたを取り巻く光の網の中で自
分の場所を見つけることを促しています。
あなたが感じるかすかな印象、夢、感情などを通じて、異なる現実からメッセージが
送られているというサインに注意深くなりましょう。異なる次元の存在があなたと連
絡を取りたいのかもしれません。これからの時代に生き残るために、私たちはそれら
のメッセージに頼ることも必要なのです。この領域からのサインやメッセージに対し
てオープンになることで、これからの時代に、その存在の声を伝えられるようになり
ましょう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・以上、抜粋・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

うーん。なるほどー。
どうなのかね?
なんだか分からないけれど、でも、このブレスレット、欲しかったんだよねぇ・・・

Love and Aloha

ハワイを始め、色々な情報はFACEBOOKで日英バイリンガルで更新中。こちらのブログは、何となく思うことをランダム不定期に綴っています。Go to Facebook page for my updates in English, Mahalo:)

0コメント

  • 1000 / 1000