リバランシング2回目衝撃。

 ドキドキしながら2回目のセッション。
 この6日間。私は毎日毎日、リバランサーの彼のことが頭から離れませんでした。
 それも、セッションの最後のハグで感じたLoving Hugが忘れられずに。
 彼のこと以外、考えられませんでした。
 やばい。
 と思いつつ、止められませんでした。
 そして、妄想したり。
 セクシャルなこと考えたり。
 しかも、そんなセクシャルなことが「間違いなく起きる」。と確信している自分がいました。
 はぁ。。
 すっごい複雑です。
 複雑なままセッション2回目突入。

 ブリーフィングで普通に話しをしました。
当たり障りのない話です。
 普段よりもお風呂にゆっくり入って、風呂から上がったらゆっくりと自分の身体をカガミで見て、ゆっくりと全身ニローション塗ったり・・・・(女性性を目覚めさせるための努力を意識してみました、、)みたいな話。
 うん、うん。とニコニコ、素敵な優しい笑顔で聞いている彼。
 そのご、一言。

 「I feel something」 (何か感じるなぁ、、)
 
 !!!!! ドキッドキッ。ドキドキッーーーーーーー!

 そう、彼はエネルギーをすごく感じる人なのです。
 いやーんどうしよう。
 
 私、無言です。もちろん。
 だって、さすがに、6日前に初めて会って、なんか最後のハグで何かを感じて、この6日間その思いがなぜかあなたへとスライドして、どうしようもなく、ドキドキあなたのことばかり考える6日間でした。。。なんていえなかった。(今、思えば、言うべきだったんだ、と思うけど。時すでに遅し。ガーン)。

 無言の私を悟ったのか、彼は、これまたあっさりと。
 「ま、いいや。じゃ、洋服脱いだら、ベッドの横に立っていてください」と。
 へっ?立つの? 
 ベッドに横にならずに??

 ちょっとびっくり。
 ま、いーか。委ねます。全て。
 
 で、ベットの横に立ちました。お決まりのことば「I'm ready」用意できました。の声がけ。
 
 で、ハグしてください。と言われました。
 はい。ハグしました。
 まさに、私がこのハグをどれだけ待ち望んでいたかを全てお見通しのような展開です。
 びっくりです。
 スーパー驚きです。

 そして、彼は、なんと、(おそらくですが)私のセクシャル願望を察知しました。
 エネルギーを感じるのが上手な人ですから。
 そして、彼は、その私のセクシャル願望を満たそう、と決めたのでした。
 なぜなら、彼はこういいました。
 「Oh, You are so grounded. You are full of energy」
 このコトバを聞き、私は何かをまた感じました。
 切ないのは、「何か」が「ナニ」なのか、よく自分では分からないこと。。。  マッサージセッションのとき、私のビジョンに出てきたのは・・・・・

 息子のお父さんでした。(私にとって)消息不明の。
 たった4日間一緒にいて、妊娠。日本で判明。出産。
 お父さんは、遠い日本に自分の分身がいることを知りません。あるいは知って(感じて)いるかもしれないけれど。。それは分かりません。

 息子は生まれてから、自分のお父さんに未だ会ったことがありません。

 この事実を私は受け入れているつもりでいました。
 なのに、なぜ?
 しかも、私の直感で、「私はきっといつか彼と会う。だからきっと息子もそのときお父さんに会うことができる。何の心配もいらない。」って思っていました。
 なのに、なぜ?
 しかも、マッサージを受けながら、そんなビジョンが見えて、目からはツラツラ、と涙です。
 ナニを涙で解放しなくてはならなかったのか、よく自分ではわかっていません。

 ただ、涙です。ただ、ドミニクのことが脳裏に出てきました。

 セッション後、リバランサーの彼にそのことを話しました。
 涙です。涙、涙。もう止まりません。英語も日本語もコトバが出てきません。
 ただ、素直に、おきたことを彼に話しました。
 
 リバランサーはいいました。
 Let go your past (過去を手放して)。
 「しかも、君はドミニクにはいつか必ず会えると直感をしている。僕もそれを信じるよ。だったら、それでいいじゃないか。過去にとらわれないで。今はもう次に進むべきときなんだよ」と言いました。
 私、捉われていたの?ドミニクとの過去に?心のどこかでまだ?

 そうかも。そうではないかも。うーん。自分ではそのとき、即座に判断できなかった。
 ただ、セッションでドミニクが浮上した。それは事実。
 セッションをきっかけとして、押さえていた(と思われる)涙があふれてきた。
 それも事実。

 本当はワンワン泣きたかったのかもしれない。会えない寂しさ。
 息子のことを知らせることができない辛さ。寂しさ。
 彼の気持ちを確認できないもどかしさ。

 でも、自分はこの子を誇りを持って、神様からのこのギフトを愛して、なんら分け隔てなく、伸び伸びと育てたい、って腹をくくったんだ。だから、泣いている場合じゃなかったんだ。。
 でも本当は、ウェーンっって子供のように大泣きしたかったんじゃないのか。。

 とか。。
 (数日経った、今、思うけど。セッションのときには良く分からなかった)。

 ところが、リバランサーはその後、こういいました。

 「うん、そういうことも一つあると思うけれど。でも、もっと奥深くに何かがありそうな感じがするよ。それが何なのかは、ボクには分からないけれど・・・」

 まだ何かあるんすか。もっとあるんすかぁーーー。ウェーン。混乱しています。

 もうひとつ、マッサージ中のビジョン。
 初めて、自分のビジョンの中に「ピンク色」が出てきました。
 初めてでした。こんなに美しいピンクが一面出てきたのは。
 しかも、胸(ハート)の辺りが本当にきれいな淡いピンク色でした。
 
 それをリバランサーに言ったら、無言でうなずいてニコッって笑っていました。
 なになにー??

 帰る前に、着替えた後、もう一度ハグをします。きっと彼のセッションは誰に対してもこうなんだな。と思うけれど。コレがまた本当に気持ちのいいハグです。
 無償の愛(アンコンディショナルラブ)ってこのことを言うんじゃないの?という感覚です。
 感覚なのでコトバにするのが難しいんだけれど。
 とにかく、すっごい安堵感。愛情。
 ハグしている瞬間ずーっと、ボワンボワン、って触れ合っている部分が振動している感じがするんです。これって普通、こんな感覚ないでしょう。
 
 2回目のリバランシングは衝撃でした。
 そして、彼は、あと1回受けられると思うから、下(1階の別な部屋)で予約していったら。
 と言ってくれました。
 そっか。わかった。そうするわ~と。(結構、サバサバ系ですね、笑)。

 あ、そういえば、最後のハグのときに、彼はまたもや、
 「君のエネルギーは本当に他の人と何かが違う。このセッションに来る多くの人のエネルギーと違うよ。」
 「あっ、言ってみれば、NEW JAPAN! それじゃないのか?」
 「君は、西欧の感覚と日本の感覚を両方バランスよく持っている。それがこれからの日本に必要なんだよ!新しいニッポン、NEW JAPANを作ってゆくエネルギーだっ!」

 って。なんか、リバランサー可愛いんです。すっごい発見をしたっ!っていう嬉しそうな顔して話ししているんです。
 私は
 「ニュージャパン?面白そうね」とは言ったものの、心の中では、
 「なんか、そんな名前のホテルがあったような・・・・」という感じでした。

 New Japanね。。。でもそういうの本当に必要かもね。。

 とにもかくにも。衝撃の2回目リバランシングセッション終了です。
 3回目(おそらくこれが最後)は彼が母国に帰国する直前。このセッションルームでの最後のセッション1日前にやっと時間を調整することができました。
 どうなるんだろう。。。。

 次のセッションまでにどんな感情が私の中で出てくるんだろう。。。続く。

Love and Aloha

ハワイを始め、色々な情報はFACEBOOKで日英バイリンガルで更新中。こちらのブログは、何となく思うことをランダム不定期に綴っています。Go to Facebook page for my updates in English, Mahalo:)

0コメント

  • 1000 / 1000