瞑想とグラウンディング

 3月に受けた、3回目のアクシオトーナルアライメントで勧められた「自分と天と地をつなぐ」行動(?)。これは、私にとっては本当に、すんなり~入り込めるものだった(ビジョンの人だから?笑)。
 それ以来、本当に、マメにどこでも、天と地とコネクトしていました。
 これを私は、ある種の「瞑想」だと思っていました、実は。

 ところが、昨日、からだの声を聞きなさい、という本の最後に「瞑想のすすめ」が書かれていて、瞑想とは、「思考を止める」こと、とありました。

 そっか~、じゃぁ、私がこの1月半くらいマメに行ってきた天と地を結ぶイメージ化は??

 とか思いながら、眠りについたのです。
 そして、朝起きたら、分かりました。笑。

 天と地を結ぶイメージ化が、グラウンディング、と呼ばれているもので、
 瞑想は、瞑想(思考をストップさせること)なんだなぁ~。
 そっか~~~~

 今朝、起きたら、瞑想(今度は本当に瞑想)したくなりました。

 本に書かれているところを読むと、意識を集中するために、具体的なイメージを伴わないコトバ(マントラと呼ばれる)を唱えるといいでしょう、と書かれている。(例えば、やすらぎ、愛、調和とか、、本では、”私は神、神は私”を推奨しているそう)。
 人間にとって、思考を止める、ことと、ただ観察する、ということは極めて難しいため、最初は難しいと感じるかもしれないけれど、忍耐強く続けましょう、とある。

 「瞑想によって、頭の中のおしゃべりを止めることができるようになると、超意識の声が聞こえ始めます。あなたの質問、あるいは問題に対する答えが返ってくるようになるのです。」
 「瞑想中に、どこか痛くなったり、不調を感じたりすることがありますが、心配する必要はありません。それは長い間、押さえつけられてきたストレスが表面に浮かび上がってきているだけだからです。何も考えずに、枯葉が川の水面を流れてゆくのを観察するように、それを観察してください。苦しみをそうして表面化させてくれたからだに対して、心からの感謝を捧げましょう」

 ・・・とありました。

 静かな音楽をかけて瞑想してみました。
 @思考のストップ@

 マントラ、、唱える言葉は、「私は、愛。愛は私。」「私は神。神は私」を繰り返しました。
 頭の中には、ろうそくの火をイメージしました。
 途中、何度か、思考が出てきました。そのたびに、「No thinking! 思考ストップ!」を意識して、唱えているコトバに集中しました。
 CD3曲分くらい、、(これが限度でした)。

 なるほどねぇ~。
 だけど、結構気分良かったかも・・・・スゥ~っと。何かがスゥ~~~~っ。という感じ。
 確かに、天と地とコネクトしているときとは違う感じ。

 そういえば、12月にヒーラーさんに、「どうやったら自分のスピリットと対話とかコネクトできるようになるんですか?」って質問したことがある、
 そしたら、「静止したとき。全てがストップしたときにつながります。」というようなことを言われていた。ちょっと分からなかった。意味が。
 はぁ~こういうことか。瞑想しなさい、ってことだったのねぇ。
 今、やっとつながりました。気づくのに5ヶ月かかった~~~

 グラウンディング(天と地に自分がつながる)と、トリプルグリッド(場の浄化)、そして、瞑想(思考をストップする)。この3つ、しばらく、続けてみようと思います。続けたい、という気持ちが大きいから。

Love and Aloha

ハワイを始め、色々な情報はFACEBOOKで日英バイリンガルで更新中。こちらのブログは、何となく思うことをランダム不定期に綴っています。Go to Facebook page for my updates in English, Mahalo:)

0コメント

  • 1000 / 1000