真実は恐ろしいほど実はシンプル。

 スピリチュアル、とか、精神世界、っていうくくりやカテゴリーで話を進めたりすると、ちょっと人によってはひいちゃったり、(宗教?とか、すっごい傾倒しちゃってる?とか、、)、
 かといって、
 真っ向勝負でいろいろ理論をまくしたてられても、、、、? とか、
 いろいろ言葉は難しい。  だけど、真実はほんとうにじつはシンプル。  Be Happy
 Love yourself  これだけだったりするんだよね。  これだけのことを説得、説明、納得させるために、
 切り口が、イロイロある、っていうだけなんじゃないかな?なんて。
 行き着く場所はみんな同じかな?なんて。  もちろん、そこに、いろいろ肉付けしたり、さらなるステップとかいろいろ付随するものはあるけれど。  斉藤一人さんの本は分かりやすい。万人向けだ。
 ジュディス・オルロフさんの本は、体験を元に書かれているので、小説っぽいけど、実はすごいスピリチュアルな内容。
 リズ・ブルボーさんの本は、完全なる精神世界を真っ向からガンガン提言している本。  だけどどれも唱えていること、推奨していること、提言していることは、
 実は、ベースとなっているものは変わらないんだな。  うん。

Love and Aloha

ハワイを始め、色々な情報はFACEBOOKで日英バイリンガルで更新中。こちらのブログは、何となく思うことをランダム不定期に綴っています。Go to Facebook page for my updates in English, Mahalo:)

0コメント

  • 1000 / 1000