ずっと忘れていた何かがフッと思い出された感覚でした。
 屋久島と種子島へ行って来ました。

 去年、20年ぶりに母の生まれ故郷である種子島に帰省して、はじめて、そこが とてつもなく、 自分にとっては、 原点と言えるかもしれない、 大切な場所であることを、
 感じました。ただ、そう思っただけ。理由はありません。ただそう、感じました。

 そして、定期的にこの場を訪れる必要があるかも。と。そのとき、直感もしました。

 そのときには、周囲にいろんな人がいて、ゆっくりとじいちゃん、ばあちゃんが眠る墓の前で話をすることとかできなかったから。

 今回は、2回、墓参りをして、そのうち、1回は早朝。ひとりで行きました。

 お墓に、じいちゃんが好きだった、と言われている酒をどぼどぼとかけました。
 その瞬間、全身、頭のてっぺんから、つま先までザワザワザワ~~~~っと、笑。

 何かが駆け下りた、駆け上った?感じでした。総毛立つ。というのでしょうか。

 それは、イヤなものではないのです。たいてい、YESなときとか。
 目に見えない何かを感じているかも?と思うときに、この感覚。多いのです。

 あぁ、じいちゃんだ。そう思いました。
 喜んでいるんだなぁ~。
 お酒。飲みたかったでしょう?  酒豪で他界したんだもんね。じーちゃん。大笑。
 焼酎じゃなくってごめんね。
 次回は、焼酎大瓶もってくるからね。と。約束しました。笑。

 今回の目的はこれだったのかも。
 そんな気がしました。

 守られている。という感覚とその存在に「感謝を捧げる」行動をとること。
 これが必要だったのだ。
 そこへ足を運ぶことが。

 という気がします。

Love and Aloha

ハワイを始め、色々な情報はFACEBOOKで日英バイリンガルで更新中。こちらのブログは、何となく思うことをランダム不定期に綴っています。Go to Facebook page for my updates in English, Mahalo:)

0コメント

  • 1000 / 1000