ご来光スライドショー

↓画像をクリックすると別ウィンドウでスライドショーが起動します。2分くらいあります↓
おりしも同じ日に皇太子も富士山登山に来ていたとか?会いませんでしたけど・・・笑。

それにしても、富士山は。アルピニストの野口さんも口をすっぱくして発言をし、また、行動も行っていますが、「ゴミ」が多い。頂上ですら、小さいゴミが沢山落ちています。 しかも、頂上や各合目の小屋付近はもちろん、登山道でもタバコの吸殻の多いこと。
そして、空気の薄い頂上でタバコを吸う人の多いこと。えぇ?って感じでした。 タバコすっている人の隣で、おばちゃん、酸素缶吸ってる、、みたいなヘンな光景。笑。 ちょっとガックシ。でした。 タバコについての議論をするつもりではなく、やっぱりTPOを選んで欲しい。そして、しっかりマナーを持って欲しい、、と思いました。

本当に世界遺産に登録したいのならば、一度、富士山への人々の出入りを完全にしばらく閉鎖してゴミ削減活動をしないと、意味がないのじゃん?とか思いました。

とは言え、富士山登頂は、ほとんど、「気合」と「根性」と「腹式呼吸」があれば、誰でも登れると思いました。体力勝負、、とか以前に、【ド根性】が必要です。

私が登った須走登山道は、特に下りが「地獄」でした。しかも、アリジゴク並みです。油断するとズルズルと足首まで砂利の中に埋まる&傾斜の厳しい下り坂、というコンセプト?。

その分、登頂7時間の割りには3時間で下山してしまうというスピードではあるのですが、
もう、午前中私は、「あ~最悪最低。早く終わって~~」とブツブツ唱えながら下山してました。
とは言え、装備をしっかりしていれば、快適な下山だと思います。 複式呼吸は、やっぱり、標高が上がれば上がるほど、空気が薄くなってくるので、普段、お腹で呼吸をせずに、胸で呼吸をする方法に慣れていると、かなりの確立で「苦しい」と思うでしょう。
逆に、腹式呼吸をしっかりとマスターして、登山に活かすことができさえすれば、高山病や気圧の変化にも耐えられると思います。私はマイペースで登った8合目までは、本当に気持ちよく爽快に、夜の登山を楽しみました。 8合目から頂上までは、今の時期、全ての登山道がここで合流するため、恐ろしい数の人々がここから一緒に狭い登山道を登ります。まるで渋谷のハチ公前です。だから、押し合いへし合い登山だし、マイペースをキープできないので、結構、キツイです。ここがかなり、登りは人ごみ登山、という意味では地獄でした。 時間帯を変えれば、頂上までマイペース登山はできると思うのですが、ご来光組の登山時間は大体一緒だから、早めに頂上に到着して、しっかり防寒して、山小屋が開くまでの間、寒さに耐えられれれば、良いかもしれないな、と今回思いました。 そういう意味では、頂上克服、無事下山、という一連の行動は、「自分に自信が持てる」ようになるための大きなツールではあるのだな、とも思います。

下山中とか、私、「今なら、カメダコウキに勝てそう」とか、意味不明の思考とかまで飛び出しちゃうくらいに、もう、地獄の下山でした。笑。 皇太子さんは、どのコースから登下山したのでしょうか~。今度は、もう少し、のんびりと登山も下山も満喫したいです。そして、変わらぬ富士山の愛くるしい自然を、ゴミ、という人間のエゴで失わないように願います。

夜の登山中、プルメリアみたいな白い小さなお花にたくさんの虫たちが蜜を飲みにきていました。その葉っぱの裏側には、高山地域に生息している色のきれいなちょうちょ(だと思われる)青虫が一生懸命、葉っぱを食していました。
カナブンとアリンコの中間くらいの大きさの甲虫類も、たくさん見ました。
そんな動植物たちの姿を見ると、ハワイについても同じことが言えるのだけれど、人間のエゴで、こういう自然を汚したり、してはいけないなぁ、と切実に思います。 登山中、下山中、見つけたゴミは私は東京まで持ち帰ってきましたけれど、結構、故意にゴミを捨てている、というよりは、風で飛んじゃった、、とか、うっかり気づかぬうちに落ちてしまった、、というような、飴の紙くずやらヘンな場所に落ちてるペットボトル、、とか、傘とか。。。
タバコの吸殻は明らかに、ルール違反ですけど。 もう少し、富士山リスペクト!自然リスペクト!ルールで縛るのはよくないけれど、自然を守るためのモラルをもっともっと、人々が自然に行動に移せるようになるといいな、と思いました。 良い経験でした。

何よりも、朝焼け、朝日の魅惑のパワーは、登山、下山の疲れを癒してくれる魅力があります。 ↑画像クリックして、その模様をじっくりと堪能ください↑

Love and Aloha

ハワイを始め、色々な情報はFACEBOOKで日英バイリンガルで更新中。こちらのブログは、何となく思うことをランダム不定期に綴っています。Go to Facebook page for my updates in English, Mahalo:)

0コメント

  • 1000 / 1000