50年くらい前から現役です。

お店を引っ越したときに、すこぶるハイテクはPOSレジというのを導入していたのですが、そんなハイテク機器を、今年になって、廃止しました。
そして、現在お店で使っているレジは、一気にタイムスリップして、 50年くらい前のスイス製のレジスタータイプライターです。 一応、計算できるんです。
昔のタイプライターらしく、ガシャ、ガシャ、ガシャガシャ、、と大きな音とともにアンティークな数字が打ち出されます。 購入したときには、インクがきれていたのですが、
タイプライターのインク専門店で、職人さんが運営するお店があり、
相談したら、このレジスターのことをご存知で、早速、2色のインクテープを新品に交換してくれたのです。そのときに、このレジが、5-60年前のスイス製のものであることも教えてくれました。 なんだかキーボード上の記号とかがいまいちよくわかりませんでね。笑。
でも、一応使っていますよ。
念のため、計算機で手動でおつりとかを確認しながら・・・大笑。 どなたか、記号の意味がお分かりでしたらぜひ教えてくださいませ~。

Love and Aloha

ハワイを始め、色々な情報はFACEBOOKで日英バイリンガルで更新中。こちらのブログは、何となく思うことをランダム不定期に綴っています。Go to Facebook page for my updates in English, Mahalo:)

0コメント

  • 1000 / 1000