Camping

久しぶりのキャンプ生活数泊でしたが、とても癒されました。
やはり、私は自然の中に身を置いているときが一番幸せでした。
お風呂も2日間入らなかったし(笑)、テントの中には、ごきげんザトウムシとクモが同居しておりましたし、ハチ、アブは当然そこら中をブンブカ飛んでおりましたが、
朝早くには、モズの鳴き声、夜にはキャンプの火、標高1200mの空気、緑の香り、
夕方にはツバメの集団、夜はホタル、コオモリ、、、と、
自然の中に身を置くライフスタイルは、この世に生きているLiving Thingsが全て平等であることを本当に実感できます。
だからこそ、自然に対して謙虚にそして、感謝できるのではないかなぁ~なんてことを、子供が昼間、釣りとかハイキングとかに出かけている間、 ひとり、テントサイトでボケッ、とそんなことをツラツラ想っていました。
そしてこの自然の素晴らしい環境に身を置くことができて感謝でした。 さて、昨今のキャンプ事情を今回は色々と聞いて、見て、
私がキャンプ生活を始めた20年近く前とは異なり、こちらにも文明開化?の波が押し寄せてきている感じがあって、今回は、本当にサプライズの連続でした。
リモコン付のランタン。とか。笑。
カセットコンロは当たり前。とか。笑。びっくりんちょ~。

どんな形であれ、自然に親しもう、自然の中でシンプルに遊ぼう、という
その気持ちは、私はとても尊重しますし、とっても素敵なことだと思いますv

ご家族の場合には、子供たちに、自然と仲良くする術を、きっかけをぜひとも与えて欲しいと思います。
生き物が死ぬ、こうして生き物は森の中で生きている、とかそういう、世界の話は、
マンガやテレビの中だけではなく、実際に足を運んで、触れて、感じて、
五感で体験することが本当に大切だと思います。 例えば、ハチ、と一言に言っても、腕に止まっても、刺さない蜂だってたくさんいるのです。今回、私たちのテントサイトは、私と友人と、子供3人とも、2日間風呂にはいっていませんでしたから(笑)、まぁ、若干、汗臭いわけで(大笑)、ハチなどは、皮膚から出る汗とかモロモロを舐めたりして、腕とか足に止まることもあります。
そんなとき、あわてて、うちわとかで叩いたり、ウヮッ!と逃げたりすると、相手もさすがに、びっくりするですね。
とは言え、知識がなければ、どのハチがOKで、どのハチがダメなの、とか、
私も友人ほどは詳しく知りません。笑。
友人は、ネイチャーガイド&鳥の調査員として全国、全世界を歩いてきたので、そりゃ詳しいですし、アブとかも平気で、「大丈夫だよ」と素手でつかんで、森のほうに逃がしたりフツーにします。
そうした、エキスパートたちと時間を共有したり、ハイキングに出かけたりする経験は、とても大切です。
むしろ、子供よりも、大人のほうが、こういう時間が必要なのだ、とも思いますv キャンプ場だけではなく、いろいろなところで、身近な自然をガイドしてくれる催しやハイキングツアーなどもまだまだこれからの季節、たくさんあります。
自治体単位でボランティアでやっているものもあるし、私の兄の同級生も、本業はホテル経営ですが、富士山の森をガイドするネイチャーガイドとしても活躍しています。ぜひ皆さんも、興味が沸いたら、自然の中へ身を置いてみてください。
五感がとても研ぎ澄まされますv => 直観力がUPします。 => 決断力が早くなります => あまりくよくよしなくなります => いい事尽くめです。笑。 さて、文明開化のおかげで、つまり、キャンプ、といっても、
かなり居住性が良いキャンプ(もどき?)を経験できるので、
ビギナーの方もまずはここから。というのが良いかもしれませんね。
というわけで、今回、お世話になったのは、 無印良品 嬬恋カンパーニャ 手ぶらで行ってキャンプが楽しめる。のだそうです。
リアルにキャンプはちょっと・・・でも自然の中での時間をもっと身近に体験したい、、
そんな方にはオススメだと思いますv 私はやっぱり、リアルにキャンプのほうが断然、好きですが。笑。

Love and Aloha

ハワイを始め、色々な情報はFACEBOOKで日英バイリンガルで更新中。こちらのブログは、何となく思うことをランダム不定期に綴っています。Go to Facebook page for my updates in English, Mahalo:)

0コメント

  • 1000 / 1000