Locomoco Sunset 2010@Odaiba

 
  今年のロコモコサンセットは、なんだか大変でした。。裏方的には、女2人で大荷物をビーチまで大量に運ぶ段階で、すでに1日分のエネルギー使い果たした感じで。笑そして、準備中、天候が不安定で、ポツリポツリと雨。結局、開店しつつも、机をテント内に移動したり、、また、出したり、、、その合間、突風が吹いて、商品やら飛んでしまったり・・・いやはや。すごかった。そんな裏方作業を知るよしもなく、バタバタしているそばから、人出がすごく、午前中は正直、気分的にはな感じで(笑)幕開けでした。昼頃からお天気も雨の心配がなくなり、本格的にやっとディスプレーを始める、というありさま。。午後になるとさらに人の数が増え続け、お台場ビーチは、なんだかすごいことになってました・・・太陽のパワーでなんとか気分も復活して、夕方までの時間は、忙しいながらも、アウトドアでのイベントを楽しみました。それにしても、お台場に場所が固定されてからのロコモコサンセットは毎年、どんどん来場者が増えていますね。。もちろん、これは単純に喜ばしいことで、イベントとしても大成功、という感じですが、なんだろ、こう、リアルなハワイののんびりと開催されているスワップミートの雰囲気は、今年は、もうあまり感じられなくなっていましたね。。ビジネス的、商売的には来場者が増えるということは単純に、売上にも直結するので有難いことではあります。だけれども、はたしてそれだけでいいのかな。って思ったりする部分もあります。日本におけるハワイアンイベントの実状、現状。表面的なハワイを楽しむ、というだけではなく、私は、やはり、そこに、ハワイの文化や伝えてゆくべきハワイの叡智や、ハワイだからこそ、の温かさなどを、イベントを通じてそこに訪れる人に感じて欲しい、と思ってしまいます。イベントの規模や来場者が大きくなればなるほど、日本において、その部分をきちんと伝えてゆくことは難しいのかな、、と思ってしまう事象もたくさん見て、経験してきました。このあたりは、本当に難しいし、どんなに本当にアロハな想いを持ってその想いを伝えようと、イベント開催したり、商品販売したり、していても、受け手にそれが伝わっているかどうかは、受け手の想いにゆだねるしかなかったりします。いろいろと、今年のロコモコサンセットイベント、私個人的には、考えるところの多いイベント参加でした。それでも、久しぶりにブースに訪れて下さった皆様。本当にありがとう。お店を閉店してから、なかなか顔を合わせる機会も少なくなった中で、こうして、皆さんの元気そうな顔に会えたこと、混雑している中でブースを見つけて声をかけて下さったことは、とても嬉しい出来事でした。どうもありがとう。Mahalo! 大型連休も始まりましたね。皆さま、どうぞすてきなGWを。お仕事の方も、元気に楽しく過ごされてください♪私も前半は、基本、イベント荷物の片付け(笑)ともろもろモロカイ島やハワイとの連携デスクワークでお仕事モードですが、後半は、御蔵島へイルカと泳ぎにちょっくら行ってきます。

Love and Aloha

ハワイを始め、色々な情報はFACEBOOKで日英バイリンガルで更新中。こちらのブログは、何となく思うことをランダム不定期に綴っています。Go to Facebook page for my updates in English, Mahalo:)

0コメント

  • 1000 / 1000