定例キャンプへ

去年から恒例となった南アルプスの麓での天然キャンプ、今年もお盆を少しずらした日程で行ってまいりました。 15年近く前に、キャンプイベントの仕事をしていた頃、2カ月近く、キャンプ生活していて、その頃から使っているモンベルテントは今も健在。今では、息子専用のテントとなり、しっかりと引き継がれています。 友人ファミリーたちと合流で、総勢4人の飲んだくれな大人たち、 4匹のオス犬、4人のワンパク盛りの子供たち、総勢12人(8人+4匹ですが・・・笑)で、 特に犬たちは放し飼い状態、子供たちも無法状態で、そんな状態でキャンプができる場所は本当に貴重です。 キャンプ場ではなく、何もない、天然の河原。 昼でも冷たい温度の川は、日差しが強ければ強いほどキーンと気持ちよく、 夜は、焚火を囲んで、大人は飲んだくれ、 犬たちはさすがに危険なので、車の中で就寝、 子供たちは、花火を楽しんだり、焚火でマシュマロ焼いたり、楽しみます。 野生鹿が生息する森の横なので、夜はヒョーン、ヒョオーン、と夜行性の鹿が出てきます。 去年は見えなかったけれど、今年は蛍もすぐ近くまで飛んできて、チカチカとキレイな光を披露してくれました。 友人によれば、サルやクマなんかも周りの山々に生息しているらしく、 ある意味スリル満天でもあります。笑 ドコモはギリギリ通じるのですが、ソフトバンクは完全アウェー圏外な奥まった場所なので(笑)、 文明が全くなく、トイレもない、天然の自然の中に身を置く3日間は、 ハワイのホノルルでも、東京ディズニーランドでも経験はできない、至福で贅沢なひと時でした。 人間は、本当に自然と共生して、自然から学ぶことがたくさんあります。 どんなに文明や技術が発達しても、自然の存在なくしては、人間は生きていけません。 そんな当たり前だけれど、普段はついつい忘れがちになってしまうシンプルな物事の本質を、改めて認識させてくれます。 リフレッシュしました。


Love and Aloha

ハワイを始め、色々な情報はFACEBOOKで日英バイリンガルで更新中。こちらのブログは、何となく思うことをランダム不定期に綴っています。Go to Facebook page for my updates in English, Mahalo:)

0コメント

  • 1000 / 1000