爆弾投下~

基本的には健康体なのですが、 1年に1回、ちょっとした体調不良の時期があったり、という程度で、 数年前に人生初の入院を経験したくらい、のほほんと大きな疾患、持病もなく生きてきていることに感謝です。 が、 今年2014は、どうやら、ガツンと年頭に爆弾投下されました。
昨年中盤から若干その兆候は見え隠れしていたのですが、 一瞬回復したので、あまり気にしていなかったら、 年明け早々、一気に再びピンポイントで不具合が再発。 近所の内科を受診したのがまずかった。 4日抗生物質を飲んでも一向に改善しないどころか、微妙に悪化している?!  実は、明日から1週間米国に出張の予定でした。 その前日、ということもあり、若干、悪化している風なコンディションに危機感を(やっと?)覚え、 Facebookでお友達からの色んなサジェスチョンを全て試して改善を図る作戦に。 そのひとつに、耳鼻咽喉科に行け、という指令があったので(笑)、 内科に再受診する前に、耳鼻咽喉科に朝一番で行ったら、 「あら、これ入院レベルでしょ。」 とサバサバ女医がザブーンッって一言ばっさり。 
女医ドク「とりあえず、切開しないとダメですね。あと点滴いれて。うーん、入院できますか?」 私「いやいやいやいや・・・・明日から海外出張なんで無理っす。絶対無理ス」 女医「海外?いやいやいやいや・・・・絶対無理よ。ダメダメダメダメ・・・・・有りえないから」 私「いやいやいやいや・・・・・でもこれ遊びの海外じゃないから、マジ、やばいんです。行っとかないと・・・」 女医ドク「イヤイヤイヤイヤ・・・・・あのね、これで死んじゃう人いるからね?ヤバイよ」 私「マジか・・・・でも、、、」 という押し問答がこの後も、しばらく続いた後(笑)、ようやく、 とりあえず、出張キャンセルしたとしても、その処理なんかもあるから、 今から即入院は無理なので、できるだけ、ここでできる処置をして、一旦、今日は家に帰る、ということで合意締結。 その後がまぁ、割と地獄でした。笑。 ノドの中を切開するわけですが、 準備中先生が、 「あの、切開するとき結構、痛いからね。」という。 私「麻酔、しますか?」 女医「うんでも麻酔自体が痛いし、麻酔してもあんまり効かないのよ、この部位は」 私「じゃぁ、どうすれば・・・・・汗汗」 女医「いや、だから、頑張るしかないんだけど・・・・笑」 オイオイ・・・・・ ということで改めて口を開けたら、 「あれ、膿胞破けてるよ。膿がすでにダダ漏れだよ。なんだこれ。こんな状況で来た人、滅多にありませんよ。私も日々何百人という患者さん見てますが、あなたで2人目です、この状況。」 「・・・・・」(言っていることの意味がほぼ分からないので返答のしようがないサイレント・・・・爆) としばらく考えていたら、ちょっと思い当たる節があった。 「私、歯磨きにウォーターピック使うんだけど、今週、具合悪くなってから口腔内が結構気持ち悪かったので、いつもより回転数と水量増量してウォーターピックしてたんだけど、もしかして、それで破けたんですかね」 「うん、それは有りえますね。しかし珍しいですよ。でも処置早いかも。やってみよっか」 と言われ、なんだかグリグリされて、まぁ痛い、痛い。。笑。 女医「うん、破けてるから膿がもう出てきちゃってるからいいかも。でも、ちょっとやっぱり切開しようか。その方が早い」 ということで、そこから麻酔~切開は、もう、悶絶ですね。麻酔時、注射が口の中へ、と思ったら、今度はハサミ・・・・・ ナース2人に身体と顔を押さえられても、まだ逃げたくなる悶絶的な処置でした。 処置が終わったら、「落とし穴みたいにノドにデッカイ穴ができちゃったよ。良くこんな状態で今週過ごしてましたね。有りえないよ。普通」 とまたまたサバサバ女医は、ばっさりと・・・・笑。 とりあえず、メインの処置を終えて、その後点滴ミックスタイプ。 これから通院で1週間ほどは点滴しないとダメだって~  まぁ、入院するよりいいか・・・イヤ、入院経験の少ない私としては、なんかあの入院中の何でもしてくれる的な経験は少し憧れていたりもする。 でも、いやいや、それどころじゃないね。前言撤回。通院点滴で総合的に合意締結。 点滴後のチェックで、ドクターが「あした来院したとき、もしかするともう一回くらい切開する可能性もあるかもだけど、経過が良ければ、劇的に良くなるはずですよ」 と言ってくれたので、「え、じゃぁ、もしかして明日の夜便で出張予定通り行けたりしますかね?」と一応聞いてみたら、 それはNGでした。往生際が結構悪い自分・・・・苦笑。   ということで、ノドを切開して膿胞爆弾(大)をとりあえず撃退したら、 午後から今まで通り、話しができるようになり、若干の固形物も食べられるようになり、 口が大きく開けられるようになってきました・・・ どんだけ爆弾大きかったの・・・・ 声を使うプロの端の端の端っこにいる者としては、もっと気を付けないといけませんね。 声が出なくなったときには、痛みとかよりもメンタル的にヘコんだもんね。。。。   ということで、米国出張は1か月後に何とか現地にも承諾を取り付け、若干リスケの調整はまだまだ続くけど、 飛行機の方も前日ながら、何とか変更できそうで、、さしたる大きな損害感もなく、延期ができそうな兆しが見えて、 やっと一安心。。。

いやー2014年、こんな幕開けですが・・・・笑。 年の初めに大掛かりなデトックス?厄落とし?的な洗礼?を受けた感じで、 むしろ、良かったかも。。。 仕事が少ないこの時期、というのも、神さま、すみません、気を遣って頂き恐縮です。。という感じです。。ww   今年はもう少し、最後の最後までこうして危険度MAX手前になるまで放置しないで、 適切な処置を適切なタイミングで実施行動できるように精進せねば、と改めて反省反省・・・ 痛みに結構強いので、それが要因だったりもするんですよね、きっと。。。 ヒザが陥没して肉が剥がれた時も、確か先生に、「良くこんな状態で過ごしてましたね」と言われた記憶が・・・・ もっとビビリになって、小さい痛みでもすぐに専門医とかに駆けつけられる行動力があれば、きっと、もっと早期に治癒できるものもたくさんあるのかもしれません。。。?? もっと身体の声に真摯に耳を傾けなくてはいけませんね。 これを今年の目標にしよう!笑。   東京は木枯らしなんていう情緒豊かな言葉ではもう表現できないほど、 風の冷たさが半端ないですね。すごい寒気が入ってきてる感じです。   皆さんも、これから一番寒くなる季節の到来。体調コンディション、自己管理、メンテナンス、、、 ご自愛ください♥
         

Love and Aloha

ハワイを始め、色々な情報はFACEBOOKで日英バイリンガルで更新中。こちらのブログは、何となく思うことをランダム不定期に綴っています。Go to Facebook page for my updates in English, Mahalo:)

0コメント

  • 1000 / 1000